プロフィール

オトママ

Author:オトママ
シーズーの音ちゃんと日々楽しく暮らしていく中で、ノンビリとハンドメイドも楽しんでいます


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得できない訳

音ちゃんの49日を迎えてすぐに病院に挨拶に行った。

先生が音ちゃんの『死』について説明してくれた。

先生の説明には納得できたし、音ちゃんにはもう会えない事も今は納得できている。

ではなぜ、ママはずっと『納得』できないのか?

音ちゃんが急変したのは、診療時間を過ぎて暫くしてからのこと

(急変と書くと闘病していたようだけど、音ちゃんは前日までとても元気で、お散歩もしていたし、ご飯も食べていたし、オヤツも食べて、元気に遊んでいた)

病院に電話したけど、当然繋がらない。

先生のケイタイにかけたけど、留守番電話になっていた。

それからのママの行動が問題。

音ちゃんの呼吸が大変なことになっているのに、翌日病院で先生に見せようと動画を撮っていた。

でも、明らかに呼吸がおかしいので、先生のケイタイに電話。

留守電に入れるも2時間ほど連絡がなかった。

その2時間の間、ずっとしつこく電話し続ければ良かったのに、5~6回ほどしか電話しなかった。

途中、音パパが

「直接病院に行って先生に言ってくるよ」(自宅で開院)

でもママは

「待って。もう一度電話するから」

そのうち、音ちゃんの舌が白くなって口から垂れてしまった。

「死んじゃう」

音パパが夜間救急に電話すると、すぐに連れてくるように言われてタクシーを呼んだ。

タクシーに乗る直前、先生から電話があり、急きょ行先変更でかかりつけの病院へ

タクシーの中では、ママが抱っこ

途中で音ちゃんの体が、ドクン!とした

後から聞いたら病院に着いたとき、仮死状態だったとのこと

あのドクンがそうだったのかな

ママが納得できないのは、音ちゃんが苦しかった2時間の間のママの行動

どうして電話し続けなかったのか

どうして、音パパが病院に行くと言ったのを止めてしまったのか

もし、電話し続けていたら

もし、音パパが行くのを止めなかったら

音ちゃんは、助かったかもしれない

もしかしたら、今隣にいたかもしれない

音ちゃんはママが殺してしまったようなもの

この5か月半、ずっとそればかり考えてきた

自分の行動を後悔し続けているから、納得できないんだ

納得できないから、前に進めないんだ



IMG_7992-1.jpg


急変する4時間前の写真

とても元気で、お水を欲しがって訴えているところ

この15時間後に音ちゃんは亡くなってしまいました









スポンサーサイト

バイバイ、またね。そして5回目の月命日

2012年9月8日 午前7時

16歳9か月22日

ママのだいじなだいじな音ちゃんは、本当の天使になってしまいました






お仕事を持っていないママは、朝から晩まで、そして寝ている間も、24時間ずっと音ちゃんと一緒だった

いつも、どんな時も、音ちゃんはママの隣にいた

それが、何の前触れもなく、突然逝ってしまった音ちゃん

ママは、あまりに突然の出来事に、5か月経った今も、まだ納得できず、消化できていない

元気にお散歩して、時々ちょっと走ったりして

とても若々しくて16歳には見えないと皆に言われていた

でも音ちゃんは16歳だったんだよね

あの日から気付くと「音ちゃん」と呼び続けている

でも、いくら呼んでも音ちゃんの可愛いお顔が見えない

ねぇ、音ちゃん

いつか泣かない日が来るかな




だいじな音ちゃん

宝物の音ちゃん

自慢の音ちゃん

可愛い音ちゃん

優しい音ちゃん

大好きよ

愛してるよ




ずっとずっと音ちゃんの耳元で、そう言い続けてきたのに

どうして逝っちゃったかな




何度も何度も書こうとして、でも涙で文字が見えなくなって書けなかった


音ちゃん、会いたいよ




IMG_1868-1.jpg



バイバイ、またね








一昨年の16歳のお誕生日のブログにコメントいただいた皆さんへ

お返事書かなくて申し訳ありません

音ちゃんは亡くなる前々日までとても元気だったのですが、ママがブログの確認をしていなくて、お返事が書けませんでした

今回のブログをお返事の代わりにさせていただきたいと思います








 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。